不要な乳がん手術を見極める方法

乳がん患者の20人に1人は手術不要でがん克服が可能になりそうだ。

乳がんでの乳房摘出手術を受ける前に遺伝子検査を実施することで、 手術をしなくても治るタイプの乳がんの見極めることが可能になったのだ。

手術が不要なタイプの乳がんを見極める遺伝子は、 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の研究チームが発見した。

乳がん組織の中にたんぱく質の1種である「HER-2たんぱく質」が多く、ホルモン療法が効かない乳がん患者群に見られる特色として、「HSD17B4」という遺伝子の働きが抑えられていることを発見した。この特徴のある患者には、手術よりも抗がん剤による化学療法が非常に有効に作用したのだ。 乳がん患者群は全体の10~15%を占めており、切除手術が不要で治療可能なのは5%程度と見込まれている。

つまり、日本で乳がんと診断される約9万人のうち、5千人前後は手術を回避したままに、治療治癒が可能となるのだ。

乳房の切除手術は体力的なダメージだけでなく精神的なダメージも大きい。そのため、手術の有効性を判断できるマーカーを特定した意義は大変に大きいのだ。

今後は、ステージ1~3の乳がん患者200人を対象として、約30箇所の病院で2年を掛けて、臨床試験を継続し、2021年の実用化を目指している。それと並行して、他のタイプの乳がんや卵巣がんへの応用も模索される予定だ。

免疫細胞を増強しつつ培養する新免疫療法とは

がん患者自身の免疫細胞を対外で増強/培養する新しいがん治療技術が開発された。

既に、がん患者から採取した免疫細胞を体外で増殖させた後にがん患者の体内へ戻すがん治療法は開発済だ。しかし、実施している一部の高額医療機関では200~300万円もの費用がかかるに もかかわらず、疲弊した免疫細胞を戻しても、十分な治療効果は得られないとさ れていた。そこで、新しい治療法では、患者本人の免疫細胞を若返らせつつ増殖培養するこ とで、治療効果を高めることを狙ったのだ。

以前の免疫細胞療法では、がん細胞との戦いが続くとキラーT細胞が疲弊してしまい、その攻撃力や増殖力が弱まってしまうことで、 弱まった免疫細胞を培養しても弱い免疫細胞しか増やせないことが問題だったのだ。

そこで新治療法では、疲弊した免疫細胞(キラーT細胞)を培養する際に、 同時に免疫細胞の発生を助ける作用のある細胞と一緒に培養することとした。 これによって、疲弊した免疫細胞(キラーT細胞)が、 外敵の情報を記憶したばかりの増殖前の状態に戻ったのだ。さらには、免疫細胞(キラーT細胞)の寿命が延び、 外敵が出現した際の増殖能力も高くなったのだった。

この新がん治療法を開発したのは、慶応大学の微生物・免疫学研究グループだ。 生物実験では、若返らせた免疫細胞(キラーT細胞)を、がん細胞(リンパ腫)が移 植されたマウスに注入した結果、がん細胞の増殖が抑えられ、生存期間が延びた ことが確認されている。

今後は、がんを外敵として認識したキラーT細胞を選択的に採取できる技術を確 立することが課題とされている。

« Older Entries